純水器

エステサロンでは、フェイシャルケアで使われるイオンスチーマーなどの機器がありますが、これらの機器には水は必要不可欠です。

スチームを作り上げるには蒸気の元になる水が必要で、スチーマーに使われる水はどのような水でも良いというわけではありません。
美容上で非常に重要とされるのが顔で、その部分を美しくする施術がフェイシャルなのですから、使う水についても徹底してこだわる必要があります。

その際に必要になってくるのが純水と呼ばれる水で、純水とは不純物をほとんど含まない水のことを指します。

私達が普段飲んだり生活用水として使ったりする水道水で、現代の水道水は関連技術の進歩によって非常に高品質の水が提供されていると言われるのです。

しかし、そんな水道水であっても純水と呼ぶのには相応しくない存在で、エステサロンで使う純水を作り出すのには純水器という専用の機器が必要になります。

そのため、純水器についてもエステサロンで使われる様々な機器のひとつとして把握しておくのがよいでしょう。

この純水は大切なお客様の肌に触れる水は厳選したいという意味を込めて使われるのもそうですが、イオンスチーマーなどをはじめとした様々な機器の故障防止としても使われているのです。

不純物を多く含む水をエステ関連機器に使うと、水に含まれる様々な物質が影響して故障してしまいます。
それを防ぐために純水がエステサロンでは使われていることについても、エステティシャンを目指すならば覚えておくとよいでしょう。