エステの歴史

エステティシャンを志す人でエステの歴史から紐解く人はなかなか少ないのではないでしょうか。

しかし、自分がこれから目指す業界でもありますので、
エステというものの成り立ちを理解する意味で、エステの歴史を学んでみるのもよいでしょう。
エステの歴史を知ると、もっともっとエステティシャンになりたい気持ちが強まるかもしれません。

エステは紀元前から

現代人の美意識は近年になって急速に高まってきたので、エステが始まったのも近年かと思われる方もいらっしゃるでしょうが、実際に世界のエステの歴史を紐解いてみると、中近東や地中海東部では、紀元前には既にエステと思われる施術が行われていたのです。

さらには、世界の歴史的な美女としても有名なのがクレオパトラですが、
クレオパトラが行っていたヒーリングマッサージは、エステの原型だ、という説もあります。

このように世界のエステの歴史は、私達が思っている以上に早く始まっていました。

日本は理髪店から

次に日本のエステの歴史についてですが、日本のエステの起源は明治時代の理髪店だと言われています。

意外なことに男性用の理髪店で開始されたのが起源だと言われていて、
そう考えてみると現在の男性用のエステティックサロンが数多く展開する現状も決して不思議ではないのかもしれません。

明治の28年にある理髪店が行ったサービスが日本のエステの起源であるとされ、
最初はサービスの一環として行われていた顔もマッサージだったそうです。

現在のエステに例えるならばフェイシャルとも呼べるその施術が非常に人気になり、
男性だけではなく女性にも提供されていきました。
その後、アメリカの医師が自らが学んだマッサージ術に独自の理論を取り入れ、
顔のマッサージに特化された美顔術というメニューが開始されていったのです。

このように予想以上に歴史があるエステティシャンですが、
エステティシャンとして働くためには、絶対に必要な資格というものは特にありません。
一般的には、専門学校に通ったり、エステティシャン専門の養成学校でスキルや知識を学んだりして、実際の職場に勤務するというのが普通です。

場合によっては高校卒業と同時に、エステサロンに勤めるような例もあって、
エステティシャンとしての技術はあくまでも現場で培っていくものなので、必ずしも養成学校や専門学校を卒業している必要はないのです。

考え方によっては、養成学校や専門学校でお金をかけて学ぶくらいなら、
エステサロンで最前線に立って学びたいという考え方もあるでしょう。

エステティシャンになるといっても、ある程度の方向性が必要で、
エステに通った女性ならばわかるかと思われますが、エステには様々なメニューがあります。

フェイシャルやボディケア、脱毛、カウンセリングなど様々な施術や行為があって、
フェイシャル専門のエステティシャンもいるくらいなので、自分がどのようなエステティシャンを目指すかを具体的に決めておくのもよいでしょう。

詳しくはこちら

フェイシャル
顔周辺のお手入れを行うフェイシャルエステ。

ボディケア
ダイエットなどの効果も見込めるボディケアについて。

◆脱毛~COMINGSOON~
脱毛サロンではさまざまな施術方法が取り入れられています。

◆カウンセリング~COMINGSOON~
施術の前に行うカウンセリングは非常に重要なプロセスです。