カウンセリング

エステティシャンとして働くならば、カウンセリングの重要性についても覚えておきたいところです。

カウンセリングは施術ではありませんが、施術をする前段階の行為で、ユーザーに最適の施術を提供するためには必要不可欠となります。
さらに、カウンセリングにはトラブルを未然に防ぐ目的もあり、肌や体調などによってエステティシャンの判断で施術を断らなければならないこともあります。

このように施術をするための重要なプロセスこそがカウンセリングなので、これを疎かにしているようなエステティシャンは、いつまで経っても一人前にはなれないでしょう。

このカウンセリングは、どのような種類のエステサロンでも行われていて、お客様カルテ作成などもこの時間に行うことが多いので、フェイシャルやボディケア、脱毛などのどのサロンで働く場合であっても必要だと考えておくのが無難でしょう。

お客さんと対面で話すことになりますので、エステの知識はもちろん、コミュニケーション能力も重要になります。
特に聴き取り能力が求められ、ユーザーが何を望んでいるのか、またはどのようなことが心配なのかを的確に把握して対応していく必要があるのです。

実際にエステティシャンとして働こうと思っている場合に気になるのがカウンセリングの所要時間ではないでしょうか。

カウンセリングの時間は各サロンによってもバラツキがあり、簡単に済ませるところでは10分程度、綿密なカウンセリングに重点を置いているサロンだと1時間という長時間になることもあります。

具体的なカウンセリングの内容ですが、サロンのサービス説明やユーザーの肌状態や体調のチェック、さらに聴き取り調査をしながらのお客様カルテの作成、注意事項の説明などです。

サロンによっては、カウンセリングの時間にユーザーにお勧めの化粧品などの案内をすることもあり、場合によってはセールストークなどが必要なこともあります。

基本的にカウンセリングは初回に時間がかけられ、次回以降は簡単な聴き取り調査のみで施術がメインとなることがほとんどです。

カウンセリングはその後の施術の質を左右するものなので、エステティシャンをするならいつ何時でも重きを置きたい業務です。