フェイシャルエステティシャン

フェイシャルエステティシャンの需要は非常に大きいので、エステティシャンを目指すならば頭に入れておくとよいでしょう。

フェイシャルはエステサービスの主役のひとつでもあって、顔はその人の美しさや印象を決める大切な部分です。
この部分に施術をしていくことがあるので、やりがいもありますし、上手くこなすことでお客さんからの信頼も絶大のものとなるでしょう。

また、顔は体の中でもデリケートな部分のためトラブルが多く、シワやシミ、ニキビやそばかすなど様々な悩みを抱えてフェイシャルエステを受けにくる人がいるのです。

ニキビひとつとっても、トラブルの度合いは人それぞれ違いますし、体調や肌状態に合わせた施術も必要になります。
サロンによってはニキビ専用のフェイシャルエステなどを実施していることもあり、部位ごとの施術の中でもかなり奥が深い部位といえるでしょう。

フェイシャルエステティシャンに求められるスキルや知識は、フェイシャルエステを施す施術スキルもそうですが、肌や患者の状態を見極める目も必要になります。

先ほども書いたように顔という部位は非常にデリケートな部分なので、細部にまで気を配り、どのような施術が向いているかをカウンセリングなどで見極めなければならないのです。

顔は自らの美しさをダイレクトに周囲に示す手段にもなることから、エステを受けにきたお客さんにも重要視している方が非常に多いです。

このため、施術するスタッフの技術について神経質になるお客さんもいて、そのようなお客さんを納得させるひとつの手段として認定フェイシャルエステティシャンの資格は役立ちます。

日本エステティック協会でもフェイシャルエステティシャンの認定を行っており、協会の掲示した条件をクリアすることで認定フェイシャルエステティシャンを名乗ることができるのです。

エステをする上で必須になる国家資格というわけではありませんが、ユーザー側の信頼性に繋がる資格でもあるので、エステを本気で提供する者になりたいならば、取得を目指すのもよいでしょう。

認定フェイシャルエステティシャンの勤務先は豊富にありますが、ほとんどは一般的なエステサロンと考えてもよいでしょう。
かなり広範囲のエステサロンが該当することになりますが、認定資格ということでサロン側からも重宝され、優遇される可能性も考えられます。