介護エステティシャン

一般的なエステサロンは、健常者のみに限定してエステティックを提供しているわけではありませんが、それでも高齢者や引きこもりがちな人からすれば敷居は高いのではないでしょうか。

そんな人達を対象にしてエステを提供するのが介護エステティシャンの仕事で、介護エステにより特化したジャンルとしてソシオエステティックというものもあります。

介護エステティシャンを目指すならば、単純に施術スキル向上だけではなく、介護関連知識も豊富に身につけていく必要があります。
カウンセリングにしても、通用のエステサロンと同じようなカウンセリングをそのまましているのではダメでしょう。

介護エステティシャンには、高いコミュニケーション能力が必要で、施術対象者と心が通じ合ってこそ初めて成り立つものです。

また、介護エステを専門的に提供しているような場所では、介護予防エステティシャンの認定資格と共にホームヘルパーなどの介護関連資格を必要としているところもあります。

介護エステティシャンとしての自分の力を示すためには、それなりの場所で一定以上の勤務実績があることもそうなのですが、介護予防エステティシャンの資格を取得する方法もあります。

介護エステティシャンは、エステティック技術のみならず、介護関連の知識についても広く必要なことから、介護予防エステティシャンのような資格を持っていることは、自分の実力を示すための大きな手段になるでしょう。

エステティシャン養成学校の中には、この介護予防エステティシャンになるための特化されたコースが用意されている学校もあります。

介護予防エステティシャンの就職先としては、障害者や高齢者を対象として訪問エステを提供している団体、医療施設や福祉施設で専属の介護エステティシャンとして働く方法もあるでしょう。

美を積極的に求めてエステサロンに通ってくるお客さんだけではなく、本当は美しくなりたいけどエステを施してもらえる手段を知らないという人や、エステサロンに行ってエステを受けるのが怖いという人達にまで幅広くエステティックを提供したいならば、看護エステティシャンを目指すのがよいです。