Site Overlay
  1. >
  2. >
  3. エステティシャンの苦労すること

エステティシャンの苦労すること

どんな職業にも苦労はあるということは誰でも知っている常識です。
エステティシャンにも当然苦労はあります。
エステティシャンの苦労の特徴は、見た目とかけ離れていることです。
一見華やかで、穏やかな雰囲気のある職場ですが、エステティシャンは汗を流し、時には涙も流すこともあります。

とにかく体力勝負

エステティシャンの苦労することエステティシャンはサービス業です。
施術現場では、基本的に立ち仕事がメインです。

マッサージなどは、立ち仕事である上に、体全体を使って力をこめることもあります。
一日に何人も施術するので、一日がおわると疲労困憊です。

美しくいなければならない

エステティシャンは体力が要る仕事ですが、だからといって強くたくましくてもいけないのです。
たくさん食べて体力をつけながらも、太ってはいけない仕事です。
見た目が美しいエステティシャンの方が、どうしても説得力が出てきてしまうためです。

過労と睡眠不足で体調を壊すことがあっても、肌荒れがあってはいけない仕事なのです。
やっと休日がとれても、遊ぶよりはまず休息に使うので、そういうことも考えると拘束時間の長い仕事でもあります。
効率のよい休息を行うために、高級な羽毛布団を購入するエステティシャンも珍しくありません。

友達や恋人と遊べない

サービス業で働く人全般に言えることですが、土日、祝祭日、夏休み、冬休みのシーズンは最も忙しい時期になります。
世間がお休みモードに入っているときに働かなければならないので、お友達や恋人と過ごす時間が短くなってしまいます。
もともと、忙しい仕事なので休日は休みたい気持ちが先行してしまいます。

努力しないお客様もいる

エステティシャンの仕事はお客様を美しくすることですが、エステティシャンの施術だけでは無理なこともあります。
お客様自身が、食事や生活態度を改善してくれなければ無理なこともいっぱいあります。

エステティシャンとしては、お客様と二人三脚のつもりでも、中にはエステに来てるんだから自分は努力しなくてもいいと思う人もいます。
お客様とけんかするわけにもいかず、成果だけは期待される、エステティシャンンの苦しいところです。

売り上げプレッシャー

エステティシャンは技術職でありながら営業成績が要求される仕事です。
エステティシャンが売り上げを上げる方法は、一度施術したお客様に指名とリピートをしていただくことです。
あの人の施術は効果があると思ってもらい、なおかつあの人といれば楽しい、あの人なら気楽だと感じてもらわなければなりません。

お世辞一辺倒や面白可笑しい話だけでは指名とリピートはしてもらえません。
確かな技術が必要になるのです。

お客様からお客様を紹介していただくということも売り上げの大きな手だてになります。
お客様から紹介を受けた場合には、その客様に恥をかかせないということが大切です。
技術力や接遇の面など、「あの人なら大丈夫」と思われるだけの信用も必要になります。