Site Overlay
  1. >
  2. >
  3. エステティシャンの給料

エステティシャンの給料

エステティシャンの給料エステティシャンになるために何らかの教育を受けなければいけないという法的な基準はありません。
しかし、民間のエステティシャン養成学校はたくさんあります。
新卒就職の場合には、出身学校で有利だったり不利だったりすることはあります。

以前は高校を卒業して、すぐにサロンに就職して働きながら指導を受けることも少なくなかったのですが、最近は、就職前に何らかのエステティック教育を受けるのが当たり前になっています。
エステティシャンになるためには、何らかの教育費をかけなければならないのです。

また、エステティシャンになるのに特に法律的な資格は定められていません。
しかし、民間では様々な資格があります。
就職や転職には何らかの資格は持っていた方が有利になります。
資格試験を受けるためには、受験料が必要です。
合格するためには勉強も必要です。

つまり、エステティシャンはただ働いていればいいのではなくて、就職前も就職後も勉強が必要なのです。
エステティシャンとして働くには費用も時間もかけて努力をしなければならないのです。
そういう職業なら、きっと高給取りに違いないと考えがちですが、現実はそう甘くもありません。

平均的な給与

エステティシャンの平均年収は300万円から400万円ぐらいです。
エステティシャンの場合初任給で18万円ぐらい、その後20万円ぐらいまで昇給して、そのあとはチーフや店長などの管理職をこなしながら25万円ぐらいまでは昇給します。
その後は頭打ちの傾向です。
管理職になれる人は全体の中の一部ですから、多くの人はもっと低い給料で働いています。

インセンティブ制

エステティシャン自身は技術職ですが、エステティックサロンはサービス業です。
そのため、エステティシャンも営業的な要素が期待されます。
指名してくれるお客様が多いエステティシャンは必然的に給料が高くなります。

多くのサロンでは、エステティシャンの給料にインセンティブ制を導入しています。
たくさんのお客様を獲得すれば、給料が上がるというわけです。
インセンティブは売り上げの3%から10%ぐらいです。
エステティシャンになったなら、インセンティブを多く稼げるようになりたいものです。

独立後の収入

エステティシャンとして、最も長く働ける方法は独立することです。
独立してお客様と長い付き合いができるようになれば、年齢を重ねていけば、その年齢にふさわしい顧客を確保しながら長く働くことができます。
もっとも、独立して成功するには、資金と集客力が必要になります。

大きな資金で大規模に開業すれば、大きな収入が見込めます。
サロン経営者の中には数千万円もの年収の人もあります。
その一方で失敗した時には大きな負債を背負うようなことも起きてきます。

多くの人は小資本で小規模に開業して地道な経営を続けています。
この場合には500万円ぐらいから300万円程度の人もいます。

ホームエステなら、収入はもっと少なくなるかもしれませんが、その代わりに出勤の必要がない、自分のペースで働けるなどのメリットもあります。
自分で働き方が選択できるのは独立することの大きなメリットです。
いずれにしても、独立前には技術の習得と集客力を身に着けておく必要があります。