Site Overlay
  1. >
  2. >
  3. エステティシャンに向いてる人

エステティシャンに向いてる人

エステティシャンに向いてる人エステティシャンにとって、絶対に不可欠な条件というものがあります。
それは、美容、美しくなることへのこだわりや憧れです。
美容に対する強い思い入れがなくては、勉強や技術の習得を継続することができないのです。

美容に対して熱い気持ちが必要な仕事はエステティシャンだけではありません。
モデルやタレント、女優なども美しさへのこだわりがなければできる仕事ではありません。
美しさを追及する仕事でも、特にエステティシャンに必要な要素というものはあるのでしょうか?

自分以外の人への関心

エステティシャンの仕事は、自分以外の人を美しくする仕事です。
モデルや女優などの仕事は自分自身が美しくなって、その美しさを生かしながら働く仕事です。
エステティシャンとは決定的に違うところです。
エステティシャンは、お客様の美容的な悩みを解決することにやりがいや喜びを感じる性質が大切な仕事です。

エステティックサロンへ通うお客様は、劇的に改善する場合もあれば、改善の速度がゆっくりしている場合もあります。
このようなときにも、お客様の小さな変化も見逃さず、励ましながら自分自身のモチベーションをなくさないようにしなければなりません。
エステティシャンには自分以外の人を美しくすることに喜びを感じる性格が必要なのです。

コミュニケーション能力

エステティックサロンに来るお客様は美容に関して何らかの悩みを抱えています。
その悩みは、一見しただけではわからないのです。
太っている方の希望が必ずしもダイエットであるとは限りません。

非の打ちどころのない美しい人の美容の悩みは、一見しただけでは分かりません。
人の美容意識には個人差があります。
エステティシャンンは自分の美意識を押し付けるのではなく、お客様の悩む気持ちに寄り添うことが大切なのです。
お客様が悩みを話しやすいようなコミュニケーション能力が必要なのです。

また、接客業と呼ばれる職業はいろいろありますが、その中でもエステティシャンはお客様と接する時間が長い仕事です。
エステティシャンはお客様と個室で長時間過ごす仕事です。
また、お客様の体に直接触れる仕事でもあります。
普通の接客業よりも深い間柄になりやすい職業なのです。

話しやすい、おもしろい、気楽だという一時的なコミュニケーション能力と同時に、お客様の情報をよそでしゃべらない、信用できると感じてもらえるコミュニケーション能力も必要になります。

人が好き

エステティシャンはお客様と接して、はじめて仕事ができ、収入が上がる仕事です。
一日中、様々な人と接する仕事です。

優しい感じの人、強面の人、神経質な人におおざっぱな人など、人間ですから多少の好き嫌いがあるのはやむを得ないことです。
しかし、基本的には人好きで、多くの人に好感を持つタイプの人に向いています。
我慢がきくことも大切ですが、基本的には人好きのほうが自分自身が楽に過ごせるのです。

体力がある

エステティシャンは基本は立ち仕事です。
また、ほとんどの施術は、力を込めて行います。

微妙な動きほど神経の細やかさも力も必要です。
エステティシャンは体力勝負だと心得ましょう。