Site Overlay
  1. >
  2. >
  3. エステティシャンの仕事内容

エステティシャンの仕事内容

エステティシャンの仕事内容一口にエステティシャンといっても、その仕事内容は本当に多岐にわたります。
もともとエステティックという言葉は美しさ、美容を表す言葉なので、基本的には美容全般の事を指すのです。
ただ、髪の美容に関しては美容院、ヘアサロンという領域が古くから確率されていて、業種、職業という枠組みでは別のものとして扱われます。
エステティックとは髪以外の全身美容の事を指すのです。

全身美容には大きく分けて二つの種類があります。
一つは、医療的な技術を使って美容ケアをする方法です。
ポトックスや脂肪吸引など主に美容整形クリニックで行われるものです。

もう一つは、マッサージなどの技術を使って美容ケアをするものです。
医療技術を使わずに行われる全身美容ケアがエステティックです。

エステティックの種類

エステティックの美容技術では、痩身、美肌、脱毛などの分野に分かれます。
エステティックサロンでは、これらのすべての分野を総合的に行うサロンや、痩身専門、脱毛専門のサロンもあります。

体の部位別にも、フェイシャル、ボディケアなどがあります。
技術の種類にはマッサージや、美容機器、美容化粧品や薬剤を使う方法などがあります。
エステティシャン養成学校に学校を卒業した人なら、どの分野も一応の知識や技術を持っています。

エステティシャンの仕事は、様々なエステティク技術を使ってお客様の美容ケアをすることです。
多くのエステティシャンは勉強や経験である程度の専門分野や得意分野を持っています。
経験が浅い場合には、特に得意分野がなくても、経験を積みながら徐々に身に着けていくことになります。

カウンセリング

エステティックサロンに通うお客様は、ほとんどの場合何らかの美容的な悩みをもっています。
それらの悩みを率直におっしゃるお客様もあれば、はっきりとは言われない方もあります。
美容的な悩みがコンプレックスにまでなってしまっているお客様の中には、正面切ってそれを言われるのが嫌な方もあります。

このような様々なお客様がエステティックサロンに何を期待しておられるのかを探り出すのもエステティシャンの仕事です。
カウンセリングの場面では特にこの能力が重要になります。

癒しの空間づくり

エステティックサロンに通うお客様は美容的な悩みを解決するのと同時に、気分的にも癒されたいリラックスしたいと思う方が多いのです。
そのため多くのサロンはインテリアやBGMなどで雰囲気づくりをします。

エステティシャンにもお客様の気分を楽にする技術が必要になります。
穏やかな雰囲気、話しやすい気さくなムード、時には軽いユーモアも必要になります。
しかも、出すぎずしゃべりすぎず品のいい接遇技術が必要です。

時には、何らかのものを販売する場合もあります。
そのサロンで販売するコスメティック商品や器具を販売することもあります。
確かな技術と誠実な態度でお客様から信頼していただくことで、これらの商品販売も可能になります。